人探し・行方不明

失踪届と行方不明者届は全くの別物

ある日突然、家族がいなくなってしまった際に、警察に届出をするのが「行方不明者届」です。一方、「失踪届」は、行方不明者が亡くなってしまったことを市区町村役場に届出をする書類です。

失踪届を届出するとどうなるの?

失踪届が届出されることによって、行方不明者の財産の相続や保険金の受け取りや離婚が可能となります。

失踪届の条件

失踪届の提出には、失踪宣告を家庭裁判所より受けることが大前提となります。失踪宣告は、家出や蒸発などで行方不明となってから「7年間」生存確認ができないことが条件となります。(普通失踪)

他には、事故や災害、または戦争による失踪(危険失踪)の場合には、「1年間」生存確認ができないことが条件です。

失踪届を提出できる人

失踪宣告を受けて、失踪届を提出できる人は、行方不明者の配偶者または相続人、友人や恋人、財産管理人や受遺者が当てはまります。行方不明者と利害関係にあることが条件となっています。

失踪届の提出先

失踪届は、失踪宣告を受けた人(行方不明者)の住所または本籍地が登録されている市区町村役場が提出先となります。

失踪届の提出時に必要なもの

失踪届の提出時に必要なものは、すでに必要事項の記入が完了している「失踪届」と、家庭裁判所の審判書謄本、確定証明書と届出人の印鑑です。

失踪届の有効期限

失踪届の提出には有効期限があります。家庭裁判所から失踪宣告を受けた日から10日以内に、失踪者の住所のある市区町村役場に提出する必要があります。

-人探し・行方不明